catch-img

野外活動友の会(岡山・幼児)、7月例会の報告

報告書のダウンロードはこちらから。

体験申し込みはこちらから

  数日前から心配だった天気が、なんと集合時にはすっかりやみ、お天気に恵まれた1日となりました。前島に渡るには、フェリーに乗ります。10分足らずの乗船ではありますが、少し遠いところに出かけるような、そんな気持ちが芽生えます。
 啓明学舎に到着後、少し早めにお弁当を食べて、今日のプログラム「水遊び」の開始です。今回は4つの遊びを楽しみます。濡れたブルーシートの上を滑る「ウォータースライディング」。泡を楽しむ「泡あそぶび」。いろんなものを流してみる「流す遊び」。そして水風船!!水風船は、「大水風船大会」として、こどもたちがリーダーに水風船を当てて楽しむ時間となりました。
 夏らしく、思いっきり水に親しみ、水を楽しみました。暑い夏の始まりに、こどもたちとリーダーが共に楽しみ喜びあう時間となりました

【担当ディレクターより】 
 今年は、本格的な夏が早く訪れました。今月はこどもたちも楽しみにしてくれていた水遊び。ダイナミックに濡れ、泡まみれになり思いっきりあそぶ笑顔を見ることができました。
 みんなで楽しんだ水風船は、遊びの後の片付けがつきもの。今回は片付け競争も込みの「大水風船大会」を行いました。当てて楽しむことはもちろん、下に落ちたカラフルな風船のかけらをこどもたちと一緒に片付けることにも楽しみながら取り組みました。また、泡遊びの後の片付けをしていると、たらいを持って水を運んでくれるこどもたちが登場。自分たちが楽しんだところをリーダーだけで片付けるのではなく、自分たちもやりたい、と自ら動いてくれたのはとても嬉しいことでした。何度も水を運んできれいにしてくれたこどもたちには感謝です。きっとその姿を見てくれたこどもたちは、次の機会には、「僕も、私もしてみたい」と思ってくれるこどもになってくれることでしょうね。
 ひと月に1回の野外活動ではありますが、こども同士が見たことで何かを感じ、自分もと行動に移す姿が見られると嬉しいです。8月はお休みの月となります。夏休みを楽しく過ごし、また9月に元気にお会いしましょう。
                        
担当:三ツ橋 武志・絹田 倫子