catch-img

アドベンチャーキッズ(香川)、5月例会の報告

報告書のダウンロードはこちらから。

現在、アドベンチャーキッズの体験者募集中です。

詳しい案内は、こちらから。

体験申し込みはこちらから。

  今月のアドベンチャーキッズは、『森のクラフトをしよう』ということで、五色台ビジターセンターに行ってきました。この日は見事な五月晴れ!きれいな青空に恵まれた1日でした。移動のバスの中ではリーダーやお友だちと楽しくおしゃべりしながら過ごします。初めて出会うお友だちもいて少し緊張気味の子もいましたが、時間が経つに連れて少しずつ緊張もほぐれていきました。
 五色台に着いて、礼拝をしたあとは、クラフトの材料集めです。グループごとに、材料集めに出発です。原っぱで花や草を取るグループ、森の中に入って枝や栗や木の実を見つけるグループもありました。てんとう虫やバッタ、トカゲなどを見つけて捕まえて友達に教えてあげている子もいました。散策しているうちに長い竹を見つけて、秘密基地の材料にして作り始めたり、池を見つけて枝とつるを使って釣り竿を作って魚を取ろうとするグループもあり、それぞれグループの楽しみを見つけて時間いっぱい楽しみました。集めた材料を持ち寄り、「僕はこんなに拾ったよ」「栗がたくさんあったよ」などとリーダーたちに教えてくれました。
 また、五色台ビジターセンターの職員の方に「ここには野うさぎがいるんだよ」というお話を聞き、「うさぎに会えるかな?」と期待をふくらませて探している子もいました。

 昼食後は、いよいよクラフトに挑戦!丸い木の土台の上に、自分たちで集めてきた材料をボンドで貼っていきます。まずは材料を乗せてみて、バランスを見てから実際に貼っていきます。保育園・幼稚園の子たちも、リーダーに手伝ってもらいながら頑張って作っていました。色を塗ったり、追加でお花をとってきてつけたりし、丸い土台の上にこどもたちの世界が広がっていきます。友だちの作っているものを見て「すごいね」と言ったり、リーダーに「見てー!」と見せてくれたり、それぞれが時間をかけて納得のいくものを作っていました。ひとりひとり全部違った、世界にひとつだけしかない素敵な作品ができあがりました!ボンドが乾くまではグループの時間です。探検をしたり、グループで鬼ごっこをしたりと、最後まで思い思いのことをして遊びました。
 気持ちの良い天気の中、様々な自然に目を向け、触れることのできた1日でした。


【担当ディレクターより】 【担当ディレクターより】 
 今月は「森のクラフト」でした。こどもたちは、一人ひとり想像を膨らませ、自分の世界を自然のもので表現しました。森の中で自分の欲しいものをじっくり見て見つけたり、枝や木の実や葉っぱの模様が一つ一つ違うことにも気づきました。「世界にひとつだけしかない自分の作品」を作ることができ、満足そうな顔をしているこどもたちの顔はとても印象的でした。
 また、友だちの作っているものを見て認め合ったり、物の貸し借りをしたり、「これ、誰か使う?」と自分から声をかけてくれたり、自分のことだけでなく、友だちのことも思いながら時間を過ごすことができました。
 礼拝のお話の中で、人は周りの人達たちだけでなく、動物や、虫など、自然からいろいろなことを教わっているんだよ、という話をしました。YMCAのプログラムを通して、自然に興味を持ち、こどもたち自身に「自然を大切にする」という気持ちが芽生えてくれることを願っています。


                   ディレクター:市川愛(ジャミリーダー)