catch-img

野外活動友の会(岡山・幼児)、5月例会の報告

報告書のダウンロードはこちらから。

体験申し込みはこちらから

 今月の活動も楽しみに来てくれたこどもたち。リーダーやお友達とのお話を楽しみ、バスに乗り三徳園に向けて出発しました。現地で出会うお友達と合流し、今日の活動が始まります。
 
 朝の礼拝と誕生会の後、午後からの基地づくりに向けて場所を探しに出かけました。森の中、使えそうな大きな木がないかを確認しながら自分たちのお気に入りの場所を探す中で、基地づくりに向けて石や木、飾るお花などを集めるこどもたちもいました。

 お昼からはいよいよ秘密基地づくり。大きな石が集まっているところを基地にするグループ、長い木を集めてきて太い木に立てかけてテントみたいな形にするグループ、下に落ちている落ち葉を円のように集めて場所を作りそれを基地に見立てるグループなど、それぞれが場所を決めて基地作りを楽しみました。お友達と声をかけあい必要なものを集めたり、作り方を相談したりと、力を合わせて自分たちだけの基地づくりを思いっきり楽しむ時間を過ごしました。、活動の最後に一日の振り返りをすると「基地づくりが楽しかった!!」の声が多く聞こえて来ました。こどもたちの心に残る1日となったようです。


【担当ディレクターより】 
  」先月の活動が楽しかったみたいで、毎日家で覚えた歌を歌っています。」そんな嬉しい言葉を頂いて、今月の活動が始まりました。月に1度の野外活動ですが、その1度が子どもたちにとって特別なことであることを嬉しく思います。先月初めて出会ったこども同士が活動で出会い「友達がいた!!」と駆け寄る姿を見ると、早速にこの場所が欠かせない居場所になっていることが伝わってきます。
 こどもたちがリーダーと繋がり、こども同士が関わりを持ち合う姿を見られることが私達の喜びです。同じ遊びを楽しみながら、楽しさを共有することもあれば、時には思いが伝わらなくてもどかしい思いをすることもあります。自分自身の素直な気持ちを表現しながら、伝えること、受け止める受け入れることなどを経験しています。このことが、こどもたちの成長に彩りを与えてくれていることと思っています。
 来月もぜひ、リーダーや友達と過ごすことを楽しみにしながら、ご参加ください。お待ちしています。                                      

                       担当:三ツ橋 武志・絹田 倫子