catch-img

アドベンチャーキッズ(香川)、4月例会の報告

報告書のダウンロードはこちらから。

体験申し込みはこちらから

 2022年度の活動が始まりました。久しぶりの活動のお友だちも多く、少しドキドキした気持ちと久々に会えた喜びを抱えて、それぞれ集合場所にきてくれました。
 この日は朝から雨模様。しかし、リーダーたちに会うと、楽しいおしゃべりがとまりません。雨を吹き飛ばすような笑顔をみせてくれました。
 

 今月は、高松市にある『ドングリランド』に行きました。ドングリランドは高松駅から約40分のところにあり、こどもたちが探検をしたり広場で遊んだり、生き物をを見つけたりできる、自然豊かな里山です。「ドングリランドって、どんなところなのかな?」「ドングリがたくさんあるんだよ!きっと!」と、こどもたちは期待を膨らませていました。今回は体験のお友だちが16名も来てくれて、リーダーも合わせて52名のにぎやかな活動となりました。体験のお友だちは、集合のときは少し緊張気味でしたが、バスの中でリーダーやお友だちとお話しているうちに少しずつ雰囲気に慣れ、笑顔で過ごす姿が見られました。


 最初にみんなでゲームをする時間を持ち、グループで相談したり協力したりして楽しみました。心が少しほぐれたところで、午後からするマップ作りの説明を隊長のピーチリーダーから聞きました。「早く外に行きたい!」と心弾ませながら昼食を食べ、グループごとにマップ作りに出発です! 

 マップ作りでは、リーダーから「展望台に行ってみよう」「お花を見つけよう」などのミッションが書かれていて、それを見つけながら、ドングリやお花、木の実などを拾いにいきました。地図を見ながら迷いながらも展望台に向かうグループ、30センチほどもある大きなミミズを見つけたり、池の中のエビやヤゴ・トカゲを見つけて捕まえようと奮闘するグループもありました。見つけたものを絵に描いてマップに書き込んだり、木の実や花びらを拾ったグループはそれをボンドで地図に貼り付けたりして、グループごとにカラフルで素敵なオリジナルマップができました!


 午後からは少し晴れ間がありましたが、雨は降ったりやんだりの1日でした。しかし、こどもたちのパワーは雨を吹き飛ばすほど!夢中になって生き物を探したり、カッパを着て探検したり、雨という自然を思いっきり楽しむことができました。活動が終わるころには、「新しい友だちがたくさんできたよ」「名前をたくさん覚えたよ」と、リーダーに教えてくれて、新しい出会いと発見のたくさんある1日となりました。

【担当ディレクターより】 
 今月は2022年度最初の活動でした。体験のお友だちもたくさん参加してくれて、新しい出会いがたくさんあった1日となったのではないでしょうか。 
はじめに、こどもたちに「アドベンチャーキッズをどんな場所にしたい?」と聞くと、「楽しい場所」「友だちと仲良くできる場所」「挑戦できる場所」などという答えが返ってきました。そのために、「自分がされてうれしいことを人にもしよう」ということを大切にしようと話し、活動をはじめました。


 こどもたちは1日でたくさんの出会いをし、積極的に名前を呼び合う姿や「またこのグループで遊びたいね」と言い合えるほどグループの仲を深めた子たちもいたことを嬉しく感じます。


 今年度も、さまざまな出会い、体験を通して、ここがこどもたちの「居場所」と思える場所になるよう、最善をつくします。こどもたちの挑戦する姿、成長する姿を見られるのを楽しみにしています。 

                   ディレクター:市川愛(ジャミリーダー)