catch-img

ワイズメンズクラブ7月例会オンライン講演会 コロナ禍で考え実現してきたこと、これからのこと。 岡山NPOセンター 石原達也さん

どなたでも参加可能なオンラインZOOM講演会のお知らせです。

申込みはこちら

*折返し、必要な情報をメールにてご返送します。


と き:2021年7月20日(火曜日)19時〜20時


大人は子どものこと、もっと考えて欲しい。
新型コロナウイルスは、命だけでなく、様々なことを奪っています。「なんでこんな目にあわなくてはいけないのか」大人も思う中で、 あらがう手段の少ない子どもたちはさらに追い込まれています。

一方で、この状況になんとか対応しようと様々なNPOが取り組みを行ってきました。私たちは、みんなの力で応援すればそのNPOの支援の手を、 もっともっと伸ばせるのではないかと「KOTOMO基金」を立ち上げました。

困難を抱える子どもたちやご家庭にもっと支援の手が届き、困難を抱える人たちが逃げ込める場所を増やせるのではないかと。 支援を広げれば、 希望を広げられるのではないかと。

「KO−TOMO」 とは「子と共に」。子どもたちはこの地域の未来です。子どもたちを誰ひとり取り残さないために、支援の手を伸申ばし続ける。そのために、あなたの力を貸してください。一人でも多くの子どもたちに、支援と大人たちの想いを届けていきたいと思います。


特定非営利活動法人 岡山 NPO センター 代表理事
特定非営利活動法人 みんなの集落研究所 代表執行役 

石原達也(いしはら たつや)


 2001 年大学生のみの NPO 法人設立に参画したことから NPO 業界に。活動を続ける中で支援者を志すようになり 2003 年鳥取市社会福祉協議会に入職。V コーディネーターを務めた後に転職し、出身地・岡山で NPO 法人岡山 NPO センター事務局長に就任(現在、代表理事)。コロナ禍の昨年、YMCAを含む複数のNPOで「おかやま親子応援プロジェクト」を立上げ、困難な中にある家族の支援に携わったことを契機に、北長瀬に全国初の公共冷蔵庫を開設。その仕組みを更に発展させ、現在KOTOMO基金を創設し、更なる支援を模索中。