catch-img

SAG 3月13日活動報告 1年間を振り返ろう

報告書はこちらからダウンロード(PDF)できます。

 今回は今年度の最終回。思えばいろいろなことにチャレンジしてきました。そこで一体どれぐらいみんなが活動を覚えているだろうと思い、今回はこの1年の振り返りに時間をかけました。振り返ってみると、去年の今頃は緊急事態宣言が発せられ、さまざまな活動が制限され始めていました。YMCAの諸活動も中止を余儀なくされていました。SAGのスタートはそんな状況の中、オンラインで始まり、ようやく6月からリアルな活動を実施できるようになりました。現在の社会状況を鑑みると、ワクチンの安全性や摂取状況もまだまだ見通しがつかず、海外とのリアルな行き来は当分難しいでしょう。その結果、留学生をお招きすることも十分にはできないことが推察されます。けれどもオンラインの加速度的普及により、海外とのコミュニケーションの重要度は、かえって高まり、言葉を使いこなすことの必要性はますます高くなっていきます。この1年間のさまざまな経験は、確実にこどもたちの育ちの糧となっています。                    
 これからもしばらくはこのような状況が続くと思いますが、そんな時代に必要なチカラの育つ場所として、次年度も歩みを進めていきます。


1年間こんなことに取り組んできました。

  日付  プログラム(クリックで内容を見ることができます)
  7/25   焚き火で遊ぼう
  3/13     1年間の振り返りをしよう  

 2020年度が無事に終えられたこと感謝します。コロナ禍で初めはリモートで活動を再開し、その後みんなと集まってクラスが出来た時、とても嬉しかったことを覚えています。ただ、いつもと違うのは手作りのランチを提供できなくなり、顔を見合わせながらご飯を食べられなくなったことです。でも子どもたちは元気に毎週来てくれて私たちに元気の源を与えてくれました。
 毎週のプログラムは何をしたらみんなが喜んでくれるか、興味を持ってくれるかを想像しながら考えました。そして毎回、その場面に合う英語のフレーズを少しずつ覚えていきました。今日、1年をみんなで振り返ってみて、私たちが思う以上に子どもたちの心の中にはいろいろな体験のかけらが残っていることがわかって、話をしながら嬉しくなりました。これからも子どもたちの可能性を探るようなプログラムを提供していきたいと思っています。みなさんのご意見もお待ちしています。どうぞよろしく、お願いします。