catch-img

SAG 2月27日活動 ミヤンマーを知ろう

報告書はこちらからダウンロード(PDF)できます。

 今回はゆやんの友だちの「ちーちゃん」こと、ミヤンマーからの留学生であるチーチーターさんをお招きして、ミヤンマーのことについて学ぶ機会を持ちました。多くの国で、家族を表す姓がありますが、ミャンマーには姓がないそうです。つまり、父系・母系ではなく、家族に従属するのでもない、隷属せず確立されたのがミャンマー人の名前なのです。一文字からロングバージョンまで多様な名前がありますが、生まれた曜日を大切にし、名前を見れば何曜日の生まれか分かるようになっているとのこと。そんなことも含めて、ミヤンマーの国の産業や衣食住などさまざまなことを映像を交えて教えて下さいました。ところがそのミヤンマーでは、現在クーデターが勃発し、YMCAも取締を受けざるを得ない状況になっています。なかでもHAKA YMCAの代表であるRonnieさんは、2月10日の深夜に突然拘束され、今も所在がわかりません。そのため全世界のYMCAではこの状況を憂い、今も祈りを合わせています。今回こどもたちにもこの状況を説明し、Ronnieさんに励ましのお手紙を書いてもらいました。離れていても繋がっている、戦争よりも平和な社会を!そんな想いを新たにした1日でした。

  APAY calls for a peaceful restoration of democracy in Myanmar The Asia and Pacific Alliance of YMCAs https://www.asiapacificymca.org/joomla/index.php?option=com_content&view=article&id=566



こどもたちのメッセージ 

#IamRonnie #WeareRonnie

 みなさんが始めてくれた「ピンクシャツウォーク」は、おかげさまで順調に距離を伸ばし、2月27日現在、北海道に到達しました。実際、2月24日がピンクシャツデー当日だったのですが、私たちは「エブリデーピンクシャツ」を合言葉に、3月14日までこのイベントを継続していきます。

 今回のミヤンマーの件も、大きく捉えれば、国レベルでの民衆へのイジメ問題。しかも一歩間違えばそれは命を脅かすことになります。こどもたちはそのことも理解した上で、手紙を書いてくれました。心から感謝です。