catch-img

SAG 2月20日活動 こども哲学に取り組もう

報告書はこちらからダウンロード(PDF)できます。

 今回はQSANの友だちのえっちゃんこと、「てつがくやさん」である松川えりさんをお招きして、「こども哲学」に取り組みました。「そもそも、こども哲学って、何ですか?」こどもたちのそんな疑問の声から、今日の活動は始まりました。まずはみんなで質問に応えながら、毛糸を組み合わせて「コミュニティーボール」を創りました。みんなが思い思いに巻いた毛糸が、あら不思議、とてもカラフルなボールになりました。このボールは、対話を助けるツール。①ボールを持っている人が話す、②ボールを持っている人は、自分の意志で誰かに話すことをパスできる、③ボールを持っている人が次に話す人を選べる。そんなルールを元に、いよいよ対話の始まりです。 
 実は「みんないろいろ考えている」、この対話を通してそのことを知りました。どのこどもたちも自分の言葉で、たてられた「問い」に答え、考えが深まっていきました。哲学とは、「正解が決まっていない問題について、自分自身の答えを探求する営み」のこと。今回の活動を通して、仲間と協力し合い、時に意見の対立に直面しながら、自分で学んでいく力を育てるスタートラインにたつことができたような気がします。

  home | てつがくやさん 松川えり 哲学カフェなど哲学対話の企画・進行を生業としている松川えりのサイトです。 てつがくやさん 松川えり


 

 Today’s activity is related to philosophy, which may has always been regarded as a discipline that can only be approached by people who have a certain experience at a certain ageUnexpectedly, there is also a philosophy suitable for children and today’s kids’ active involvement in doing philosophy activity completely altered our original thoughts.As usual, we did a number counting as a warm-up activity at the beginning. After that, we began our formal “philosophy class”.

 Firstly, we were asked to do a game where we needed knit the ball while made a self-introduction by answer these 4 questions which include: 
1) What kinds of nicknames would you like to be called? 
2) What is the most interesting in YMCA?
3) What is the most important thing or person to you?
4) What is the you want to do but could not do it right away?


 After this process, each of us was asked to make an judgement over whether one saying is correct or not and pick up the one which is not favored by. During the process, someone like SAWA who picked the question “it is understandable not to get along with someone whom you don’t like.” She stated that each of us is regarded as an independent individual and it is no need to spend the time with someone whom you don’t like. According to her opinion, many kids aggressively asked many questions which include “don’t you feel lonely? What kind of person would you like to play with” etc.

 After the question parts, each of us was asked to explain why SAWA could form such opinions. Through the way of asking question and analyzing questions, we could get more into her thoughts.
From today’s lesson, what can be learned is Philosophy is not mysterious. It is a way for people to know and understand the world. It provides people with a method of how to analyze and fix out the problems.


​​​​​​​

 みなさんが始めてくれた「ピンクシャツウォーク」は、おかげさまで順調に距離を伸ばし、2月20日現在、四国と九州を一制覇し、再び本州に戻り、島根と鳥取を経て、兵庫県の姫路市周辺に到達しました。国内では東京や長野、兵庫等から、海外では台湾彰化、韓国晋州、インドネシアジョグジャカルタからも参加者があり、世界規模のイベントとなっています。これから近畿地方を経て、来週には関東東北に到達する予定です。どうぞ、SAGのみなさんも、毎日ピンク色を身に着け、歩いた距離をご入力下さい。

ピンクシャツデー、詳しくはHPをご覧ください。

  ホーム | YMCAせとうち ピンクシャツデー YMCA ピンクシャツウォーキング