catch-img

香川ぽかぽかディキャンプ 活動の報告

PDFはこちらをクリックしてください。ダウンロードが可能です。

 8月1~2日に実施した「香川ぽかぽかデイキャンプ」今年度夏唯一の香川での実施に、30名のメンバーが参加してくれました。
 1日目はさぬき市の南川自然の家で川遊びをしました。朝から「おはよう」と元気にいっぱい。初めて参加した子も少しドキドキしながらもグループのおともだちやリーダーに声をかけられ緊張がなくなっていきました。
 午前中はグループで時間を過ごしました。ミーンミーンとセミの鳴き声に集まり帽子を使って必死に捕まえる姿。日陰で自己紹介タイムをしたり、だるまさんが転んだなど、グループで仲良くなっていきます。昼食の時にはおともだちの名前を憶えてお話をしていました。
 午後からは待ちに待った川遊び。「うわーつめたい」とおおはしゃぎ。魚などの生き物を探して「ここにいるよ」と網を片手に追いかけます。「やったー捕まえた」と嬉しそうな姿。石を持ってきてダムを作ったり、リーダーやおともだちに水をかけあったりしながら楽しみました。

 2日目は高松市の峰山公園。暑い中でしたが、こどもたちは元気に集まってきました。「〇〇ちゃんおはよう」とグループのおともだちと早速お話をしていました。 「アートに挑戦」ということで、キャンプ場に移動して、アートに使用する葉っぱや枝などを集めます。「こんな色の葉っぱみつけたよ」「これ〇〇くんにあげるね」とグループの意識が強くなり、お互いが協力しながら材料を集めていました。
 それぞれコルクボードに作品を作っていきます。「松ぼっくりもらっていいかな」「この枝あげるね」とみんなでわいわいしながら作成します。そして、リーダーもびっくりするほどの数々のオリジナルアートが完成しました。2日間という短い時間の中で、たくさんの思い出やそして新しいおともだちが出来たキャンプでした。
 今回は新型コロナウイルスの影響で、楽しみにしていたオーシャンスイムが出来ず、内容を変更させていただきましたが、それでもご参加いただき感謝いたします。今の状況で私たちはできる可能性を常に考え、こどもたちにとっての成長できる、そして今しかできない本物体験をこれからも大切にしていきたいと思います。また冬のキャンプでお会いできるのを楽しみにしていています。    
ディレクター:三ツ橋武志





 YMCAせとうちは、岡山県と香川県のこどもたちを対象とし、年間を通して活動を行っています。それゆえ、13年に名称を岡山YMCAではなく、YMCAせとうちに変更しました。ところが事務所は香川県にはありませんので、今回のコロナの状況では、思うように活動を実施できておらず、大変申し訳なく思えいます。それでもなんとか夏休みには、香川のこどもたちに楽しいプログラムを提供したいと考え、今回の企画を実施しました。幸い多くのご家庭からこどもたちを送り出していただき、このような状況にも関わらず、充実した内容の活動ができましたことに感謝申し上げます。今後とも、「このような状況だからこそ」YMCAせとうちは、香川にも活動を提供させていただきます。よろしくご支援ください。