夏のアクティブキッズ・イングリッシュレポート

「違いを理解しあい、共に生きる力を養います」 これは、YMCAせとうちが謳っている3つのやくそくのうちのひとつです。多文化コミュニケーションは国際社会に生きる時代に欠かせないも。そういう意味で、英語学習は多文化への興味や関心を持つためのとてもよい手段です。

  国際社会は「違っていて当然」がスタンダードですから、互いが理解できなくて当然というコミュニケーションが 第一歩となります。言語も文化も違うという場所から、歩み寄り、お互いを理解しあうために、何度も話し合い、出会う機会を持 つことが大切です。アクティブキッズイングリッシュは、こどもにとって、多文化に興味をもつ最初のステップとなるようにデザインしています。 お子さんたちの感想はいかがだったでしょうか?         

 YMCAの活動でこどもと交わしている決まりごとは「自分がして欲しいと思うことを人にもしてあげよう」ということです。世界情勢がキナ臭くなっているからこそ、国を超えたところで、このこどもたちがこの決まりごとを実践できる大人として育って欲しいと願っています。


当日の報告書は、こちらをクリックしてください。


活動の様子の写真はこちらです。

  50 new photos by 太田直宏 Google Photos