YMCAせとうちのキャンプがめざすもの  〜情報誌「Manap!」の掲載記事より

キャンプは自然の中で行われる自由で大いなる「学び」の場所

YMCAは、生涯学習を推進する非営利の団体(公益財団法人) で、日本国内では35都市に拠点を持ち、それぞれのY M C Aが独自のプログラムを策定·運用しています。岡山市に拠点を置くY MCAせとうちは、「『響き愛のこころ』が育つ場を創る」というスローガンを掲げ、こどもたちが本来持っている育つ力を、引き出すお手伝いをしていこうという取り組みを行っています。ここでいう「響き愛のこころ」とは、他者の喜びや悲しみを自分のものとして、「きょうかん」(=共感共歓·共汗)できる力の一こと。本来、人として最も大切なことです。たくさんの仲間やリーダーと出会い、多くの挑戦や失敗を通して、他者への思いやりを持った人に育って欲しいという願いが込められています。

活動内容は、キャンプなどの体験を通じて幅広く学んでいこうという野外教育から、異文化交流や相互理解を狙いとした国際教育まで、多岐に渡ります。中でもアウトドア活動を通じて自主性や協調性、コミュニケーション能力を高めることを狙いとした野外教育には力を入れており、県内各所にある施設を活用し、山や海の自然に触れながらこどもたちがさまざまな体験ができる、工夫を散りばめた多彩なプログラムを一年を通じて用意しています。参加したこどもたちの表情はイキイキと輝き、回を重ねるごとに目に見えて変化があることも珍しくありません。お蔭様で保護者の方からも高い評価をいた題だいています。

活動プログラムは、グループリーダーが数人の題こどもたちについて、サポートしていく形がとられています。彼らはボランティアで、Y MCAの精神に賛同し、活動内容に共感してくれている、地元の大学に通う学生たちです。こどもたちのサポートを通じて、彼らもまた、学校の授業では学べないような実践的なことを学び、成長しています。参加する誰もが学びと気付きに溢れる時間を過ごせるYMCAのアクティビティに、参加してみませんか?


​​​​​​​↓キャンプの詳細はこちらです。

  ymca-setouchi-camp ymca-setouchi-camp