catch-img

岡山ビューホテル様とSDGs協力事業を実施しました。

 コロナで一変してしまった夏休みですが、YMCAせとうちではさまざまな工夫をこらして「ディキャンプ」中心に活動を行っています。今回その一環であるサマースクール①では、「近隣に位置し、SDGsを通じて志を同じくする仲間」である岡山ビューホテルに多大なご協力をいただき、一緒活動をすることができました。今回、とてもおいしい昼食をご提供いただいたのです。ホテルで食べる一流シェフによるビーフシチューに一同大満足、おかわり希望続出でした。料理長の福別府さんは、安心安全な素材で創る食事提供をモットーとされています。わたしたちYMCAスタッフもそのお料理の腕にぞっこんで、時々お店に伺っていました。そんな中、コロナのことがあり、安全な食事提供のご相談をしたところ、社長も含めて即断即決いただき、今回の運びとなりました。福別府シェフご自身が東日本震災避難を経験されており、YMCAが長年「災害避難者支援活動」を継続してきたこともあり、互いに共感ポイントが多かったことも理由のひとつです。コロナ前からSDGsを基盤になにか一緒にできないかと相談してきたことが、このような形で実を結んで事に心より感謝しています。ありがとうございました。今後とに共同事業をめざして進んでいきます。

岡山ビューホテル SDGSへの取り組み

*報告書PDFデータはこちらをクリック。

 SDGsとは "Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)" の略称。

 2015年9月、ニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」において、国連加盟国により採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された「2016年から2030年までの国際目標」のことです。

すべての人が平和と豊かさを享受できることを目指し、「17のグローバル目標」と「169のターゲット(達成基準)」で構成されており、地球上に誰一人として取り残さない("leave no one behind")ことを誓っています。

 岡山ビューホテルとYMCAせとうちは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同、「持続可能な社会の実現」に向けた事業展開が重要だと考えています。両者はその事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらを解決すべくスタッフや取引先、地域の方々と協力しつつ、私たちにできることを考えて共に活動に取り組んでいます。今後は、子ども食堂の開設などを目指して協力を深めていきます。