catch-img

野外活動友の会 幼児セクション 7月例会報告

  久しぶりにリアルの幼児野外活動を7月19日に再開しました。朝からみんな元気いっぱい。「久しぶりにあえた ね」「まってたよ」とリーダーと早速楽しそうにお話をしていました。午前中は、「ネイチャービンゴ」。ちくちく するものやスペシャルなものをグループで探し行きました。「こんな大きなキノコがあそこにあるよ」、「みてみて、 こんな珍しいもの発見したよ」とリーダーと一緒にみつけることができました。昼食後は、グループの時間で、操山の 森で縦横無尽に遊びました。基地作りや探検、森遊びなどグループごとにそれぞれとても楽しんでいました。

  今年度初めての、顔を合わせての野外活動。声を掛け合える、顔を直接見られることがこんなにうれしくて、こん なに幸せであることをみんなが感じながら過ごす1日となりました。コロナ感染対策として、「マスクの着用・適度な 距離を保つこと・手洗い消毒の徹底」など今までにはなかったことを実践しながらの活動となりました。対策を講じ 行える活動であることをこどもが理解し、すべきこと、気を付けることを常に考えながら森で遊ぶことを楽しんでいま した。耳をすませば聞こえる蝉の鳴き声、歩けば汗ばむ気候。時を重ね、季節は移り変わり本格的な夏が訪れていま した。こどもたちは、森を探検し、森での自然との出会いを楽しみ、そして、お友達やリーダーとのかかわりを思いっ きり堪能していました。オンラインの活動を行う中で、新しいリーダーたちも増えています。昨日の対面での活動は、 新しいリーダーたちの心に、初めの一歩として強く刻まれる経験となりました。感染予防のため、変えていくことは ありますが、変わらないのは、ここにはこどもたちを一番に考え、こどもたちとの時間を大切に思うリーダーたちが いることです。夏休みの活動も、出来る形で実行していきます。私たちの進む形を理解し、ご参加くださる皆様に心 から感謝申し上げます。早くも9月の野外活動に思いを馳せています。ぜひ、これからもよろしくお願いいたします。            

  ディレクター:三ツ橋武志(ジェットリーダー) 絹田 倫子(きんちゃんリーダー)