catch-img

宿泊体験が熊本支援募金となる新たな寄附活動プラン。

利用者の声 サンサポートおかやま代表 ボウズ満恵さん



コロナ禍で家族旅行を断念する方も多い中、夏の思い出を作るために最高の場所でした。 キャンプファイヤーや手持ち花火、BBQに手作りピザ作り。やり残したことがたくさんあるので、機会があればまた利用したいです。素晴らしい思い出ができました。

①よかったところ

海が近く、自然に囲まれている。

一棟貸し切りのため気兼ねなく過ごせる。

広々した空間で開放感がありリラックスできる。


②気になったところ

車の運転に慣れていないと少し不安な坂があった。

自然の只中なので、虫除けスプレー、長袖服などがあれば安心。


③おすすめのところ

浜辺まで歩いて10分ほど。

海水浴場ではないので整備はされていないが十分に遊べる。

ユースセンターにライフジャケットがあるので使用をおすすめ。

外に設置されたシャワーで砂を落としてから室内に入れるので便利。

卓球台、ボードゲームなどがあるのでおすすめ。

テレビやwifiネット環境はないが、逆にそれがよかった。

ゴミを置いて帰れたのも夏場なこともあり助かりました。

浴場が広く、こどもたちはいとこ同士で入ることができた。

新設のため、シャワーの水量も快適で清潔で満足度も高かった。

シャンプー、ボディシャンプーが据え付け。

コロナ対応 非接触体温計、アルコール消毒あり。

エアコンも設置されていて快適でした。

窓を開けて換気をしても室温は適温に保つことができた。


利用形態

7月24日1泊でユースセンター利用 天候雨のちくもり 兄弟2家族(大人3人、中学生、小学生、幼稚園児) 母1人の3世代で利用。


2020年、日本のYMCAキャンプは100周年を迎えることができました。しかし残念ながら記念すべきこの年に、わたしたちは宿泊キャンプを実施することが難しい状況に陥ってしまいました。 本来ならばこのような時こそ自然の中での宿泊を伴う体験活動を創造することが大切なのではないかと考え、親しい家族同士が誘い合わせて、三密を避けながらお楽しみいただける場をご用意させていただきました。 場所は瀬戸内市牛窓町の岡山聖約キリスト教会が所有する「ユースセンターうしまど」です。大勢で集まってワイワイ料理が作れるキッチンに加えて、オーシャンビューのテラスではBBQも楽しめます。屋外にはピザ窯やキャンプファイヤーサイトも完備。コテージは堅牢な作りなので万が一台台風が来ても大丈夫!もちろんソーシャルディスタンスもバッチリです。 魚釣りや磯遊び、虫取り、花火、流しそうめんも楽しめる上に「日本のエーゲ海」を一望できる自然に恵まれた「ユースセンターうしまど」で宿泊することで、社会貢献の寄附となるこの活動に、ぜひお申込みください。


●日 程:7月18日(土)〜9月30日(月)間の1泊2日間

●会 場:ユースセンター牛窓  岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍7196-2


●定 員:

親しい家族やご親戚同士 最大20名まで。

*素泊まり・食事は各自でご用意ください。 

●寄付金:

  30,000円(5名まで)

  50,000円(10名まで)

100,000円(20名まで)

*お支払いいただく費用は寄附金となります。

 コロナで困っている方々を支援する活動に使います。

●内 容:

参加者の責任で自由に使ってください。

指導者が必要な場合は、ご相談ください(指導料必要)

海水浴・キャンプファイヤ・バーベキュー・ピザ作り

流しそうめん・つり・花火など

​​​​​​​

●申込み:先着順となります。こちらよりお申し込みください。