catch-img

6月27日 SAG活動のご報告 ヒエログリフで遊ぼう。

 今回は、待ちに待ったヒエログリフのプログラム。この活動に興味をもってくれた新しいお友だちが多数体験に来てくれました。古代エジプトの神秘的な文字が暗号となって蘇ることをお知らせしていましたので、そこが魅力だったのだと思います。

 今日学んだ便利なフレーズは「May I have~?」という表現。先日ある方から、このフレーズは、「こどもっぽく聞こえませんか?」という質問を受けました。今回学んだように、確かにこどもは、そうやって大人にお願いすることが多いのです。それは『May I~?』は、「許可を求める、相手に判断をゆだねる」ような聞き方だからです。なので、こどもたちが使うと、「これ、もらってもいいですか?」「これ欲しいので、いい?。」「使ってもいい?」という感じになるのです。今回学んだMay  I have a box?は、まさにそんなニュアンスです。

でも、大人も使っていいのですよ。事例としては、こんな感じです。

電話で、相手の名前または電話番号を聞くときには、

May I have your name, please ? May I have your (telephone) number, please? 

こんな言い回しもあります。

May I have your attention, please.(こちらを注目して下さい→皆様にご連絡申し上げます。)

ぜひ、保護者のみなさんも使ってみてくださいね。


REPORT from Yuyang   Purpose: to teach kids to use “May I have〜 ,,
  After the common warm-up and introduction, we started today’s games. There were 14 kids gathering today. Maybe they had already known today’s topic, they showed extremely excited. The aim of today’s mission was to use the English phase “May I have〜” in the form of playing hieroglyphic letter games. After the introduction from QSAN on the games rules, kids started their first mission by decoding a simple code. Children were separated by two groups, girls lead by Izumin and boys lead by Yuyang respectively. After kids got the first clues from the code they just deciphered, they began on their first journey to find the things written on the code. The hint for Izumin ’s group was a balloon and for Yuyang’s group was piano. Following the clues, we and kids arrived at the instrument shop. There, kids used the phase “May I have a box?” to the owner, in replying for this, they got a large and heavy box. By the way, the owner also played a beautiful song canon for us in the end. At around 11:00, we recturned back to YMCA and opened the box given by the owner. Kids were astonished to find a beautiful delicate books on Egyptian hieroglyph and relative game tools. Therefore, kids were required to write their names in the form of hieroglyph. They seemed very satisfied with their little achievement.


 今回は、こどもたちの真剣さにうれしくなりました。暗号を解く時、秘密の箱をもらうために地図を頼りに目的地に行く時、そして、自分の名前をヒエログリフで書く時。参加者全員が、どの時も、集中度が高かったのです。まだローマ字を習っていない1年生も活動の途中からは、ヒエログリフの謎解きのコツが分かり、みな自分自身で名札をつくることもできました。今回初めて参加したお友だちもとても楽しそうでしたので、ぜひ続けて活動に来て欲しいと思っています。よろしくお願いします。