catch-img

春のキャンプ(3〜4月)実施可否について

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた、国を上げての取り組みが行われる中、YMCAでは3〜4月に実施予定の各キャンプについて、以下のように実施可否の決定をさせていただきました。


【各キャンプの実施可否決定】

長野スキーキャンプ

中止とし、小学5年生〜高校生を対象としたプログラミングキャンプを日帰りで実施。このキャンプはどなたでも参加できます。

プログラミングキャンプの詳しい内容はこちらから


香川スプリングキャンプ

日帰りキャンプに変更します。行き先、内容、参加費を変更し、現地集合・解散として実施。 

岡山在住の小学生の方は、現在実施しているグローバルアフタースクールをオススメします。グローバルアフタースクールの詳しい内容はこちらから


スプリングスクール

行き先、交通機関、内容の一部を変更して実施。


春のデイキャンプ

行き先、参加費を変更し、現地集合・解散として実施。


【決定の理由】

YMCAは感染拡大を防止するための取り組みを行っていく一方で、3月初旬に保護者の皆さまを対象とした緊急アンケート調査をさせていただきました。この中には、「学校がお休みになり、こどもたちが十分に体を動かして遊ぶことが少なくなっている」と危惧される声が多く寄せられました。

私たちは、こどもたちの心身の育ちにとって、家の中でテレビとゲームに明け暮れる毎日が及ぼす影響は大きいと考えています。

このため、YMCAせとうちではこどもの遊び場や居場所の確保が急務であるとの考えに至りました。日本YMCA同盟では、「YMCAはいのちと暮らしを守るために、子どもとご家庭に伴走します」というメッセージを出しました。(YMCAせとうちHPにも掲載済み)

https://setohime-ymca.org/blog/201

また、休校中に公園で遊んでいたこどもが、近隣住民から「休校中なのに公園で遊んでいるのはけしからん。」との注意を受けた事例を憂慮し、ホームページ内のQ&Aを通して次のように指摘しています。

①軽い風邪症状(喉の痛みだけ、咳だけ、発熱だけなど)でも外出を控えること。

②規模の大小に関わらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと。

なお、児童生徒の健康維持のために屋外で適度な運動をしたり散歩をしたりすること等について妨げるものではなく、感染リスクを極力減らしながら適切な行動をとっていただくことが重要。

と記されています。https://www.mext.go.jp/content/202000309-mxt_kouhou01-000004520_4.pdf


【予防策】

そこで今回の春のキャンプについては、次のような対応を取らせていただくことといたしました。

・3〜4月は宿泊を伴うキャンプは実施しません。

・公共交通機関を使いません。

・可能な限り屋外でオープンエアの中で過ごし、やむを得ず建物内で過ごす場合は、常に換気をします。

・手洗い、消毒をこまめにします。

・こどももリーダーも毎日体温チェックをします。

キャンプを楽しみにしてくださっていた皆様、特にスキーキャンプやスプリングキャンプにお申し込みをいただいていた皆様には、大変残念な結果となりましたが、どうかご理解ください。そしてこの新型コロナウイルス感染が収束し、早く日常が戻ることを共にお祈りください。